job

新しい職場探し

内定をもらうためにすべきことの明確な方針

卒業して働きたいと考えている人や、あらゆる都合で職場を辞めて新しい職場を探していれば、就職活動は欠かせないものとなります。でも、自分は何を目的で就職活動をしているのかを見ていないと、思ったように決まらないものです。 それは、ただ単に内定をもらうためのものだけではありません。この職種で働きたいとかこの企業で働きたいなど自分がやりたい仕事につくための行動です。それは求人を探す前の、自己分析から間違っている可能性もあります。 例えば、「販売の仕事をしたいと言って細かいことを黙々とこなすのが得意です」という感じで、求められていることとの不一致があれば就職は遠のくばかりです。販売で求められるのはコミュニケーションや販売能力です。 このように、職種で求められているスキルとのミスマッチからなくしていくべきです。

就職が決まらないのであれば自分と企業や業種とのマッチから行う

就職が決まらないのであれば、決めるように自分から仕向けるのが自然です。でもこれがなかなかうまく行かないのです。自己分析は自分でするものですが、企業や業種の分析も知ることが必要です。 雑誌や求人誌ばかりでなく、インターネットでも検索は可能です。業種の特徴などと自分のスキルをマッチして、企業で発揮できる部分を出していけばいいのです。決まらないと嘆いていても、まず行動に移さなければ決まるものも決まらないのです。 例えば、販売の仕事であれば「綺麗に商品を並べることが得意です」など、まず自分なりに出していくべきです。検索すれば、職種ごとに求められるものは調べることができます。 面接の際も事前に分析をして、企業の担当者に質問をされた際に的確な答えが出るようにすべきです。

Copyright © 2015 様々な就職活動の行ない方~就職に関しての知識~ All Rights Reserved. http://f-tpl.com